特定非営利活動法人きらきら

新しい福祉のカタチを岐阜で創ろう

スタッフブログ

2018年02月15日

なぜ放課後デイサービスを利用するのか?

いつもお世話になっております、いろえんぴつです。
今日は以下のテーマで考えてみたいと思います。
なぜ放課後等デイサービスに通うの!?
なぜ放課後等デイサービスを利用するのでしょうか!?
利用者側にも事業所側にも、それぞれいろいろな理由やコンセプトがあるかと思いますが、
いろえんぴつは、「自分らしくはたらく」ことを目指してもらいたいと考えています。
障害に関わらずですが、
それぞれの人生をより充実したものにするために、
そして安定した生活をおくるためにも、はたらくことは必要です。
 現在、学校を卒業したらほとんどの方は、はたらかなくてはならないと思っています。
「はたらくこと」こそ、社会とつながるもっとも効果的な手段だといえるはずです。
凸凹があるからこそ、どんな仕事が合うのか?とか、
その前に、そもそもどんな仕事あがるの?といったニーズに対応したく、
TEENSさんの「お仕事体験」を取り入れています。
具体的仕事の場面を意図的に設け、報告・連絡・相談、質問をうまくできるかなど、
チャレンジしていただき、安心できる環境の中、小さな失敗を経験しながら力を身につけてもらえます。
先日も書いていますが、当NPOは就労継続支援A型事業所も約3年ほど前から運営しています。
利用者の障害はさまざまで、その中に発達障害のある方もみえます
発達障害のある方の中で、自己肯定感の高い方もいれば、そうでない方も利用しています。
 その違いがどこにあるかを考えるのですが、思春期と呼ばれる、
他者との違いを意識し始める時期にさかのぼるのではないか、
あるいは、社会に出てからの不適応経験からくるのではないか?
などがあげられます。
社会や学校における不適応や、学習の遅れから肯定感の低下を招くことも考えられます。
その結果として、2次的に精神疾患を患う方も見えますので、それらを予防し本来の良さを
活かして就職に結び付けたるためにも、発達障害に特化した、放課後等デイを開設しました。
一般の学校では手の回らない個別の丁寧な学習支援であったり、
特別支援学校で行われているキャリア教育に近いものを、
当事業所でカバー、サポートしていこうというのがいろえんぴつの基本方針です。
はたらくために必要な力を身に付けて頂くために、私たちは様々なプログラムやカリキラムを組んでいます。
次回はもう少し具体的なプログラムを書きたいと思います。
  ★☆★ 新しい福祉のカタチを岐阜で創ろう ☆★☆ 放課後等デイサービス事業所 いろえんぴつ 電話:058-215-5553 住所:岐阜市清本町9-10 就労継続支援A型事業所 ワークショップきらきら ★☆★☆★  特定非営利活動法人きらきら ☆★☆          
TOP